| MRTご案内 | 業務事例 |  構造  |  河川  | システム開発 | 計算ソフトウエア | 会社概要 |

 

N-Pier が生まれ変わります。                                   

直杭式、斜め組み杭式桟橋の地震時保有耐力の設計計算プログラムとして、皆様にご利用頂いて参りましたN-Pierプログラム。このたび、性能規定化に伴う基準改訂に合わせ、新機能を搭載して10月にリニューアル・デビューします。

 N-Pier Ver2.00は地震時保有耐力の計算に特化していましたが、このたびリリースしますVer.3.00は接岸時やL1地震時の計算ができるようになり、荷重条件を最大20条件まで与えて杭の支持力、杭体の応力照査を行うことができます。最適部材が決まったなら、そのままその構造を用いて地震時保有耐力の計算ができます。

  • 新たに杭支持力の計算機能がつきます。これによりこれまでユーザーが計算して入力していた杭頭バネKv、最大押込力Pcmax、最大引抜力Ptmaxが自動計算できるようになります。

  • また、最新の基準に従い、杭の作用状態による部分係数が適宜用いられ、杭支持力、杭体応力の照査ができるようになります。

  • その計算結果は、荷重条件毎、杭毎に従来の変位図、断面力図と同様の確認ができます。もし、支持力が足りないときや発生応力が大きすぎるするときは、構造寸法や部材サイズを簡単に変更し、すぐ再計算ができます。

 N-Pier Ver3.00では質点系による動的応答計算機能を利用できます。この機能は地盤-桟橋構造をバネ・マスモデルとして計算するものです。通常、1質点モデルで計算しますが、必要であれば桟橋の上に設けられる クレーンなどを取り込んだ2質点モデルの計算も可能です。

  • 神戸波を代表とする地震波を入力して時刻歴応答計算を行います。得られた応答履歴はマイクロソフト・エクセル*)に取り込んでグラフ化され、一目で桟橋の最大応答変位を知ることができます。

【質点の応答変位】

  • また、バネモデルは地震の方向性を考慮でき、陸側変位のバネ特性と海側変位のバネ特性を組み合わせたモデルを利用できます。N-Pierが計算する地震時水平保有耐力から、これら特性データを設定 します。

【バネの応答履歴】
            

 新しいN-Pier Ver3.00の体験版のダウンロードはこちらからどうぞ。

   *) マイクロソフト・エクセルはMicroSoft社の製品です。


(C) Marine River Technology Engineering Inc., Allright Reserved 2004