| MRTご案内 | 業務事例 |  構造  |  河川  | システム開発 | 計算ソフトウエア | 会社概要 | トピックス |

                                          

 

<販売プログラム>

N-Pier Ver.3.00:桟橋の弾塑性解析プログラム(2007101up
MRT
と独立行政法人港湾空港技術研究所及び鋼管杭協会で共同開発した杭式桟橋の弾塑性解析プログラム。WindowsGUIによって使いやすさを大幅に向上させ、斜杭式桟橋も解析可能。
従来のプッシュオーバー解析機能に加え、部分係数法による解析、1・2質点系動的解析もできるようになり、大幅に機能アップ!

 

N-Pier Ver.3.64:桟橋の弾塑性解析プログラム(2013122up
Ver.3.00
版は、3.08まで更新されてきましたが、実行モジュールを64ビットPCでも使用可能となるようにしてVer.3.64として公開!合わせて、購入の手引きマニュアル等の更新も行う。

 

Ver.3.00Ver.3.64について
Ver.2.02までのL2地震時の弾塑性解析に加え、L1地震時や接岸時などの変動状態および永続状態に対して部分係数法(フレーム解析)によって性能照査を行えるようにしました。
・L2地震時の非線形地盤バネ計算法は、従来の「道示」ベースの計算方法から「港湾」ベースの計算法に変更しました。
・桟橋を1質点あるいは2質点系にモデル化した場合の動的解析も行えるようにしました。

<受託計算プログラム>

以下に、当社で使用している主なプログラムを示します。当社では、これらのプログラムを用いた受託計算も行います。計算だけでなく、条件の整理、解析結果のまとめや考察も行います。御希望の方はメール(webmaster@mrt-eng.co.jp)にて連絡ください。

FLIP2次元地盤液状化解析プログラム

(一社)FLIPコンソーシアムから公開されている有限要素法による地盤液状化解析プログラム。土の応力−歪モデルとしては、双曲線モデルを組み合わせたマルチスプリングモデルを採用。有効応力法により非排水条件下での地盤の液状化を考慮した解析が可能。ケーソン式護岸、矢板式岸壁、盛土の地震応答解析に使用。

MARCMENTAT:有限要素法による汎用構造解析プログラム

非線形解析を得意とする世界的に有名なプログラム。材料非線形、有限変形、接触問題などの非線形モデルを静的及び動的に解くことが可能。鋼管の弾塑性座屈解析、新型式吊り橋の有限変位解析、馬蹄形トンネルの座屈解析、RC梁のクラック解析などに使用。

CAP:骨組構造物の静的・動的終局強度解析プログラム

アメリカのPMB社によって開発された骨組構造物専用の終局強度解析プログラム。専用プログラムであり、鋼管部材や地盤バネのモデル化が容易。動的外力としては地震力の他、波力も扱える。杭式橋脚基礎、杭式桟橋の地震応答解析、海洋ジャケットやライザーの波浪応答解析に使用。

SHAKEFLUSH1次元/2次元地盤の地震応答解析プログラム

等価線形法を用いた1次元/2次元地盤の地震応答解析プログラム。簡便であり使用実績も多い。各種地盤の地震応答解析に使用。

NPlLANNPlLAN-SN:杭式基礎/杭式桟橋の弾塑性解析プログラム

MRTと鋼管杭協会で共同開発した杭式構造物の弾塑性解析プログラム。NPlLANは杭式基礎(フーチングは剛体)、NPILAN-SNは杭式桟橋(床板は梁)を対象。各プログラムは、「道路橋示方書」及び「港湾の基準」による保有水平耐力の検討が可能。

DAMGATE:汎用ダムゲート操作シミュレーションプログラム

ダム放流設備によるダム操作シミュレーションプログラム。洪水時などにおけるダム最適操作方法等の検討に使用可能。また、実際にダム運用で用いられているものと同じ計算流入量の再現が可能で、計算流入量等の最適検討に使用可能。

FFLOW:一般河川1次元不定流解析プログラム

一般河川を対象とした陰形式の1次元不定流解析プログラム。ダム・堰等からの放流による下流河川の水位上昇量、河川の利用可能限界流量等の検討および洪水流による下流への影響検討などに使用。

FLCALC2次元不定流解析プログラム 概要資料はこちら

平面2次元単層不定流モデルによる氾濫解析プログラム。一般河川を対象に破堤計算を行い、遊水池等の調節施設による調節効果計算、さらに排水機場、樋門、樋管等も考慮可能な広域数値シミュレーションが可能。地形情報は、国土数値情報等を利用可能。洪水想定氾濫域図、洪水危険地域図なども作成可能。

α一FLOW:自由水面を含む3次元流体解析プログラム

3次元流れの解析プログラム。基礎方程式は、3次元非圧縮性粘性流体に対する連続式、運動方程式に加え、自由表面の挙動を支配する方程式で行う。自由表面挙動支配の方程式には種々の方法が考えられるが、表面形状が複雑になる問題への適応性、3次元問題への適応性等を考慮してVOF法を採用。一般河川および貯水池変動など複雑な問題を解析することが可能。

MCF3:準2次元不定流解析プログラム 概要資料はこちら

一般河川の流れを対象とした準2次元の不定流解析プログラム。平均流速式レベル3に対応し、横断内の粗度係数及び樹木の任意設定、河川の分流・合流、横流入量の考慮も可能。

FFLOWS2D:平面2次元河床変動解析プログラム

一般河川における流れ及び河床変動の解析システム。一般河川の流れは、準3次元不定流として水深及び流速の解析を行う。河床変動解析は、水流の力による掃流砂の生産、沈降及び移動をシミュレーションして、流れの解析と連動して行う。
河道内の砂の堆積箇所の予測、ダム()のフラッシュ放流による河床への影響評価、洪水時河川流れによる河床への影響把握、河道内水深及び流速分布の把握等が可能。

FFLOWS1次元不定流解析による河床変動プログラム

流れの計算は1次元不定流モデル、流砂の計算は1次元河床変動モデルを使用した河床変動予測計算プログラム。水系全体を対象とした10年スケールの予測計算が可能。
混合粒径や浮遊砂の非平衡性(河床面での浮上量と沈降量が釣り合っていない状態)に対応し、常流と射流の混在する複雑な流れ場を計算できる。


(C) Marine River Technology Engineering Inc., Allright Reserved